3度目の出産入院 陣痛&出産入院バッグの中身withコロナ

出産・育児

第3子の出産予定日が間近に迫っています。

さすがにそろそろ入院準備をしなくてはと思い、入院バッグを作りました。

分娩予定の病院は、パジャマやアメニティ関連など基本的には病院で用意してくれます。

しかし、今回の入院はコロナ渦。

付き添い・立ち会い出産は不可、面会もできません。

陣痛が来たら自分で荷物を持って一人で分娩に臨まなくてはなりませんし、入院中忘れ物に気付いても気軽に持ってきてもらえません。

前回は適当に準備して、後から夫や実母に持ってきてもらったものもあったのですが、今回は一応きちんと準備しなくては…!

ということで、入院バッグの中身をまとめてみました。

これから出産で入院する方のご参考になればうれしいです。

陣痛・分娩で必要なもの

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 診察券
  • 現金・クレジットカード

このあたりは忘れちゃだめなものですね。

分娩予定の病院では、支払いはクレジットカード可なので、現金はちょっとしか持っていきません。

  • 飲み物
  • ペットボトルストロー
  • おかしなどの食料
  • 産褥パットや生理用品
  • タオル

分娩時に簡単に栄養補給や水分補給できるものが必要ですね。

産褥パットは病院でももらえますが、破水してしまったり出血してしまったりしてしまった時のために少し持参します。(前回の出産で余ったもの)

出産入院に必要なもの

  • 自分の肌着や下着、産褥ショーツ
  • 赤ちゃんの服(退院時)
  • トコちゃんベルト
  • スマホやカメラの充電器
  • 延長コード
  • カメラ
  • 衛生用品

こちらも病院によると思いますが、私が出産予定の病院はアメニティやパジャマなど基本的なものは用意してくれています。

どこまで用意してもらえるのかは、病院に確認が必要です。

産後、ベッドからあまり動きたくないので、コンセントの場所によっては延長コードがあると便利だと思います。

また、病院なので消毒アルコールなどの用意はしてあると思いますが、念の為携帯サイズのものを持参します。

まとめ

以上、今回私が用意した陣痛・出産バッグの中身でした。

また産後、追加するものがありましたら追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました